借金はキャッシングを使えなくする

借金を抱えている人が、キャッシングの申し込みをするケースが増えています。しかし、キャッシングというのは、借金を抱えている人に対して、お金を貸すことがほとんどありません。借りている分だけ減額することが求められているので、借金の数字分だけ、借りられる枠を減らしておかなければなりません。この時に、必要最低限に満たない場合は、審査に落とすこととなります。また、虚偽の記載をしていることがわかったり、借金があるのに申告していないことがわかった場合も、落とされてしまいます。キャッシングは、常に正しい情報を伝えることが大事になっていて、そのために申し込みの部分で、記載しなければならない情報もあります。借金は特に大事な部分です。

キャッシング審査基準を知って対応

属性と信用情報というものは、金融業者から借金する時には重要な指標となり、業者によって審査基準のハードルには違いがあるものの、共通した指標と言えるものです。属性に関しては年齢や在籍年数、職種等に該当し、これらを総合的にチェックして点数化して評価する事になり、信用情報は借金歴等をチェックして返済実績に問題が無いか等を調べる事になります。これらをチェックすれば返済能力を測る事が可能であり、業者からすれば貸し倒れリスクが少ない客を選別する事が可能です。客観的に評価出来る基準を総合しますから、こうした審査基準をクリアしてこそキャッシングを利用出来るようになっており、信用される事によってお金を借りる事が出来る仕組みになります。

インターネット利用でキャッシング

インターネットを利用して、借金の申し込みから審査、契約や振込、返済等が利用出来る仕組みが整っており、最近ではスマホで業者のアプリをダウンロードすれば、簡単にキャッシング審査に挑む事も出来ます。こうしたネット経由での借金が出来る仕組みは利便性が高く、業者店舗に行かなくても借金出来るようになっており、仕事や家事で忙しい環境の方でも気楽に利用出来るものです。審査を最速で行う場合はネット経由で申し込みを行い、その後自動契約機等の店舗に行くというパターンが有効であり、契約機はネット審査よりも優先される事になります。いずれにしてもネット経由で全て完結出来る仕組みは便利であり、急な出費対応も出来て、審査の時に必要な書類も郵送無しで、メール写真添付やアップロードによって行えるものです。

キャッシングでの即日融資の仕方

キャッシングには様々なものがあるのですが、即日融資とまでなると結構限られてきます。銀行系ローンは審査時間が長いのは当然ですので、まず即日融資キャッシングを検討するのならば最初に候補に挙がるのが消費者金融でしょう。多くの消費者金融が即日融資に対応してきているのですが、その申し込み方法を説明していきたいと思います。まずは実店舗及び無人契約機で行う場合ですが、こちらに関しては特に問題なく出来ると思います。営業時間も比較的夜遅くまでやっていることも多く、審査に通過すればその場でカードを発行してくれるので、後はATMなどで直ぐに即日融資となります。しかし最近のキャッシングの申し込み方法としてはむしろインターネット上やスマホで簡単にできるものがあり、こちらだと人目に付かないで申し込めるという利点があります。こちらの方法で即日融資を申し込みする時には注意点があり、即日融資となる銀行振込の条件として当該銀行の営業時間内に振込依頼まで完了させておかないといけません。一般的に消費者金融の審査時間は一時間ほどで終わりますが、その契約を済ませた後に振込依頼まで完了させるということになるので時間には余裕を持って申し込みをしましょう。通常の銀行の場合だと午後二時あたりまでがタイムリミットですが、お店によって違うので事前にチェックするのが大事です。

初めてのキャッシング

私が初めてのキャッシングをしたのは今から5年前。新車を購入するために頭金が必要となりました。 普段から何も考えずにお金を使っていた私。貯金もほとんどなく、銀行の通帳にも数万円しかありませんでした。そこで利用したのが、銀行に併設方のキャッシングでした。 四方を壁で囲まれたボックスの中に入り、目の前にある画面の案内に従って 入力を進めました。もちろん周りには誰もいないので、淡々と進んでいく作業に少し不安を覚えました。ですが、そんな不安をよそに1時間もかからずに、機械からキャッシングのカードが出てきました。ドキドキする心でボックスから出て、近くにあるATMに向かい、出来立てのカードを入れると…借りれました。本当にすんなりと。結果、新車の購入の頭金として助かった結果となりましたが、こんなに手軽にお金を借りられることに少し身震いを覚えました。

うまく使えばキャッシングは怖くない

キャッシングに限らず、借金は怖いと思っていました。加えて何より、利息を払うのがもったいないと思っていました。それで今まで、1回もキャッシングを利用したことはありませんでした。
その私がついにキャッシングを利用しました。
理由は、週末に友人の結婚式があることを忘れていて、現金が手元になかったからです。預金口座にも給料日前でほとんど残金がありませんでした。
それでやむを得ず、クレジットカードのキャッシング枠を使って10万円キャッシングをしました。ATMで借りたので、特に何の審査もなくあっけないものでした。
そして無事に週末の結婚式を乗り切り、翌週給料が出た段階ですぐに返済しました。
気にしていた利息は100円ほどで、銀行預金を土日に引き出す手数料よりも安かったです。
怖がっていたキャッシングですが、返せるあてがあって、自分の分相応に借りれば却って便利かもしれないと考えなおしました。

キャッシング審査の速度と難易度と基準について

一口でキャッシングの審査のスピードや難易度といっても金融機関により異なります。基本的に銀行系のキャッシングの方が消費者金融系と比較すると審査は厳しいということが出来ますし、同じ消費者金融なら大手消費者金融の方が中小の消費者金融よりも審査が厳しいということが出来ます。ただ金利に関しては銀行系、大手消費者金融、中小消費者金融の順となっていて当然銀行系が最も金利が低いということが出来ます。ただ審査のスピードに関しては大手消費者金融が最もスピーディで最短30分の審査で即日融資を行っている会社が多いということが出来ます。キャッシングの審査基準に関してはどこも同じで金融機関の利用状況やクレジットカード利用と返済履歴などを個人信用情報で確認し事故情報がある場合はお金を借りることは出来ません。それに属性をスコアリング化したもので判断します。クリア基準は会社により異なりますが、収入や職種、勤続年数、持ち家かどうか、固定電話の有無といった風に属性でチェックするポイントはどの金融期間であってもさほど違いはないということが出来ますし、審査なしではお金を借りることは出来ないのでキャッシングの申し込みをする場合はそのことをきちんと理解しておくことが重要ですし、3社以上続けて申込をして断られると申し込みブラックとなってしまいます。その場合はどこに申込をしても断られるので半年以上空けて申込をするようにしてください。

即日融資を狙ってキャッシングに申し込むためのコツ!

急なお金が必要となるお金のピンチは誰にでもあることです。そんな時申し込み方法により借り入れまでのスピードが変化することをご存知でしょうか?キャッシングの申込みには直接申し込むパターンと、ネット申し込みの2パターンに分かれます。直接申し込みをするのも良いのですが、やはりスムーズに申し込みを進めるのであればオススメはネット申し込みです。店頭窓口や自動契約コーナーにて申し込みを行う場合は、店舗やATMまで直接足を運ばなくてはいけません。しかし、ネット申込の場合はウェブ環境下であればどこからでも申し込みが可能となります。申し込むツールもパソコンだけではなくスマートフォンやタブレット等携帯端末からも可能です。最近ではスマートフォン用のアプリからの申し込みも可能となっています。こちらを利用すれば、どこからでも場所を選ばず申し込みが可能となります。さらに、ネット申し込みの最大のメリットは24時間受付をしていると言う点です。自動契約コーナーの場合通常営業時間が設けられています。営業時間を気にせずに申し込みが行える、それがネット申し込みの最大のメリットです。申し込みをインターネットから行い、審査に可決したらATMから借り入れ…と言う流れが1番のオススメです。早めの時間に申し込みを行えば、即日融資は間違いありません。

キャッシングの審査では自由に使えるお金が見られる

キャッシングにおける審査では、かなり多方面からチェックされていますが、結局は返済能力を見ているので、毎月の収入などを通して、自由に使えるお金がいくらか?を割り出して、それと借り入れ金額、毎月の返済額を見たときに、その割り出した自由に使えるお金で十分か?を考えていきます。例えば、毎月の収入のみではなく、支出の方も見られているのです。支出が多ければ、それだけ自由に使える金額も減りますから。例えば、結婚している人としていない人では、していない人の方がお金がかかりづらいです。結婚している人の方が、一般的には信用が高いと言われることもありますが、キャッシングの審査においては、必ずしもそうとは言えない部分もあるのです。結婚していると社会的信用が確かに高いとはいえるものの、共働きでない限りは、独身の人と比べて世帯全体の支出が増えやすいので、その分自由に使えるお金、つまり、返済に回すことができるお金が少なくなります。毎月の給料の金額にもよるので、一概には言えませんが、結婚している人は社会的信用が高いものの、自由に使える金額が少なくなる傾向にあるので、キャッシングでは独身の人の方が有利になる場合もあるのです。結婚の有無というのは1つの基準に過ぎませんが、そういう毎月の収入から支出を差し引いた自由に使えるお金がどれだくらいありそうか?という点は審査においてはかなり重要です。

安易なキャッシングで失敗

そのカードで、初めてキャッシングしたのは、もう8年位前です。

当時、夫が会社を辞めて自営業を始めたばかりで、ピンチになった月にたまたま10万ほど借りました。

自営業の収入には波があり、それからも、ちょっと借りては返す、というのが習慣になってしまいましたが、リボルビング払いというのは、中々元本が減らず、気づくと借り入れ額は40万ほどになっていました。
続きを読む 安易なキャッシングで失敗